手術 チップ

ボーンサージェリーキット

ボーンサージェリーキット

細さと安全性。
Bone Surgery™ (BS) チップは、主として骨移植用。骨(構造)の切除、切除および再構築に使用し、軟組織を傷つける心配がありません。
BSキットは、口腔内のさまざまな病変の治療に適した6本の超音波チップ(のこぎり3本、メス3本)により構成され、採骨、歯冠長延長、インプラント埋入部位の形成、下歯槽神経での使用などの臨床治療に使用します。
除菌スプレーにより、(高温になって組織を傷つけることのないように)チップを冷やすことができ、また、治療領域の優れた視認性が確保されます。
精密、正確そして力の要らない切除を保証するチップです

スプリットクレストキット

スプリットクレストキット

簡単で管理された手法。
スプリットクレストチップを使うと、歯槽骨を1本ずつ分割して骨幅を広げ、骨板の離断を起こす心配がありません。
切開用の細いCS1チップとCS2チップは最大8mmの深さの骨切り術専用。これらのチップで細く切開することが次の手順にとって非常に重要になります。次にCS3チップを使って、同じく最大8mmの深さで近遠心方向に切開します。この手順により、骨にひびが入るのを防ぎます。
円錐状のCS4チップ、CS5チップ、CS6チップで、傷つけないように徐々に骨幅を広げていきます。
分割された歯槽頂に骨充填材を丁寧に入れていきます。インプラントはこの直後または治癒後に埋入します。

サイナスリフトキット

サイナスリフトキット

比類のない視認性。
歯科医に側壁開窓型上顎洞底挙上術(サイナスリフト)のための簡単かつ安全なソリューションを提供するサイナスリフトキット。超音波周波数変調により粘膜を傷つける危険性を低減。
開窓用ダイヤモンドコーティングチップとサイナスリフト用の3本のスパチュラ型チップは、(高温になって組織を傷つけることのないように)除菌スプレーで冷やします。粘膜を丁寧に剥離するために、手動の器具を使用することが推奨されます。
また、キャビテーション効果により、治療領域の優れた視認性が確保されます。
精密、正確そして力の要らない切除を保証するチップです。

Intraliftキット

Intraliftキット

迅速、安全、最小限の侵襲の手術。
歯槽頂貫通型上顎洞底挙上術(サイナスリフト)用に開発されたIntralift™ キットを使うと、非侵襲的手術を完全に安全に行うことができます。
ダイヤモンドコーティングチップ(径1.35~2.80mm)は、上顎洞粘膜へのアクセス確保のために穴を開けたり広げたりするために使用します。除菌スプレーでチップを冷やすことで温度上昇を抑え、組織を傷つけないようにします。
TKW5チップを使って極めて小さな空洞を開け、粘膜を剥離して挙上します。超音波周波数変調により粘膜を傷つける危険性を低減。
また、キャビテーション効果により、治療領域の優れた視認性が確保されます。

Piezocision™ キット

Piezocision™ キット

最小切開 / 最小侵襲手術。
迅速かつ安全な歯列矯正治療で骨密度を高めます。
4本の超音波チップで構成されるPiezocision™ (PZ) キットは、成人の加速矯正治療専用です。
歯が付いている3本の細いチップは、フラップレス歯槽部皮質骨骨切り術に使用します。
手術モードでは超音波周波数変調により、選択的な切開が可能であり、このため、歯肉、靭帯、歯周繊維、神経などの軟組織を傷つける危険性が低減されます。皮質骨骨切り術は、あらかじめメスで切開した歯肉から行います。除菌スプレーにより、高温になって組織を傷つけることのないようにチップを冷やすことができ、また、治療領域の優れた視認性が確保されます。
この手術の主な目的は、矯正治療に要する時間を短縮し、歯を動かしやすくすることです。
精密、正確そして力の要らない切除を保証するチップです。

抜歯キット

抜歯キット

骨を破壊せずに傷つけない抜歯に使用。
このキットは、智歯、破折歯根および感染した歯の抜歯や歯根切除などの臨床治療に使用します。6本の超音波チップのそれぞれが、前方・後方の歯の構造(よく見えない部分や空間)に適しています。
各チップを歯のセメント質と歯根膜の間に挿入して靭帯側の空間を広げます。このように結合組織から分離させると、傷が少なく、迅速に歯を骨から脱臼させることができます。歯槽骨の辺縁を傷つけず、歯槽骨切除の必要がありません。
推奨される使い方:
- 最初にチップを作動させてから、歯根膜に沿って挿入してください。
- チップを歯根と平行に挿入します。
- 根尖部に向かって前後に動かしながら挿入してください。
- チップをてこの原理で動かさないことが重要です。

歯冠長延長

歯冠長延長

精度と広いアクセス範囲。
歯冠長延長術のために特別に開発されたBS6チップ1本と歯冠長延長(CE)チップ3本は、骨切除術と骨整形術に適しています。
骨切除術専用のCE3チップのダイヤモンドコーティングされた作動する部分(長さ5mm)により、必要な生物学的幅径を(3mmごとのレーザーマークで確認しながら)迅速に再構築することができます。歯冠長を延長するために骨を切除し、歯根を数ミリ露出させます。
CEチップは手術モードで超音波周波数変調により選択的な切開が可能なため、軟組織(歯肉、靭帯、歯周繊維、神経)を傷つける危険性が低減されます。
また、キャビテーション効果により、治療領域の優れた視認性が確保されます。

必須キット

必須キット

シンプルな必須器具。
このキットは、Acteon group® のSATELECが提供する手術キットの基本的なチップを集めたものです。
これらの6本のチップは以下のすべての手術に使用できます。
- 骨切り術、骨整形術(BS1Sチップ、BS4 IIチップ)
- 抜歯(LC2 IIチップ)
- 側壁開窓型上顎洞底挙上術(サイナスリフト)(SL1 IIチップ、SL2 IIチップ、SL3 IIチップ)
手術モードでは超音波周波数変調により、選択的な切開が可能であり、このため、歯肉、靭帯、歯周繊維、神経などの軟組織を傷つける危険性が低減されます。除菌スプレーにより、高温になって組織を傷つけることのないようにチップを冷やすことができ、また、治療領域の優れた視認性が確保されます。